樹脂試作紹介

樹脂切削
大量生産には不向きの製品や、より精度の高い試作モデルの作成に適した加工となります。
真空注型
シリコンゴムを金型の代わりに複製用の型として使用し、金型に比べ短期間、低コストで複製品を製作することが可能です。
簡易金型
金型の初期投資が少なく、また納期が早いという特徴があります。本型に比べて初期投資が少なく済みます。
シリコンボタン
金型内にゴム材を入れ加熱、加圧し成形致します。ゴム硬さ、色の調整も可能で、印刷にも対応致します。導電処理も対応しており、試作品から量産まで行っております。
光造形・粉末造形
光造形では、3Dデーターから表面だけではなく裏表完全な立体物として積層加工が可能です。厚さを持った製品の検証や、量産前の形状のチェックなどが出来ます。 複製品を製造する為のマスターモデルとして用いる事が一般的な使用方法です。切削工法では困難であった複雑な形状や、アンダーカット部分などが容易にできます。 積層法による高速造形の為、納期の短縮が可能です。